忍者ブログ
英語。使えるようになりたいけど、すぐに挫折してしまう。 どんな本やネットを見ても同じようなことばかり書いてあるし、 手順が多すぎてわけがわからないよ・・・。 そんな方に。 脳科学を学びながら実際に英語をビジネスで使うまでになった私が、 ちょっと違ったカンタン学習法、お伝えします。
 20 |  21 |  22 |  23 |  24 |  25 |  26 |  27 |  28 |  29 |  14 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

近頃、聞き流して英語力をつけようという商材が溢れかえっています。


はたして効果はあるのでしょうか。


個人的にはやはり、

効果は薄い

と言わざるをえません。



その理由として、インプットとアウトプットとのシナプスの違いがあります。

高速道路を想像してください。

上りと下りがあると思いますが、
仮に上りにばかり車がたくさん通うとすると道は整備され、どんどんキレイになります。
渋滞しないように道幅も広くなります。

しかし下りの方はどうでしょう?
利用客が少ないと整備する予算がほかにまわされ、
道幅も広がらないので1km進むのに何十分・・・。


英語をはじめとする言語はまさに道路の上り下りと同じなのです。
聴く方が上りだとすると話す方は下りです。
どれだけ聞いても、話さなければ道路は整備されず幅も広がらない。
つまりスイスイと言葉は出てこないのです。


ではどうしたら話せるようになるのでしょう?
このブログのこれまでの内容に加えてひとつお伝えすると、

たとえば独り言です。


何か思いついたとき、何かを見たとき、何かを考えたとき、
それを英語で言葉にしてみるのです。

まだそんなに語彙力がないよ、とか、
文法があいまいだ、といった方には難しいでしょう。

その場合には、簡単な文章から、意味を理解したうえで、
声に出して何度も読んでみましょう。

そのうちにその中の単語、フレーズ(言い回し)がすぐに思いつくようになります。
思いつく単語やフレーズが増えれば増えるほど、パズルのピースが増えるように、
話せることが増えてきます。
そうしてだんだんと独り言を増やしていけばよいのです。

まずは単語から。次に感想や感嘆文。
それから考えている内容を短く切って言葉にして口から出してみるのです。


聞き流す商材にも教材はついてきますから、
声に出して音読するものとしては使えるかもしれませんね。
是非試してみてください。


あ、ただしたくさん人がいるところで独り言を話しすぎると
ちょっとアブナイ人に見えてしまうかもしれないのでご注意を(笑)

拍手

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
ブログ内検索
Advertisements
プロフィール
HN:
G
性別:
男性
趣味:
お酒、スイーツ
自己紹介:
宿題すらまともにやれなかった僕が、めんどくさがり屋でもできる学習法を発見、2週間でTOEIC 385点→630点 のスコアアップに成功。
その後700点、800点・・・そしてアメリカの某大学に交換留学。
留学先では脳科学(認知学)を専攻。

塾講師歴2年
家庭教師歴1年

などでの指導経験や脳科学を駆使して、現在は某所にて多数の学生や社会人に向け、TOEIC学習法を指導中。
フリーエリア
忍者アナライズ
Copyright ©  脳科学で紐解くTOEIC勉強法  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Photo by 結羽&You  *Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]